歯の曲がり角?

日々の何気ないことを忘れないために、今日から、ブログを書いていこうと思います。
(といっても、三日坊主なので、続くかどうかわからないのですが…よろしくお願いします。)

ブログを始めようと思ったきっかけなのですが、昨日ふと思ったんです。
人との付き合いって、色々あるのに、特に悲しい思い出や悔しい思い出だけが忘れられずに心の中にたまっていって、楽しい思い出って、…あれ?なんか一緒にしたり、笑った記憶はあるのに、何が面白くて笑ったか全然覚えてないや…って。みなんさんもそんなことありませんか?

私は、まさにそれで、「死ぬほど爆笑した!」という経験の記憶はあるのに、具体的に何だったか思い出したいのに、全然思い出せなくて、思い出がもったいない…という言い方だと変ですが、思い出を残したいと思って、ブログをつけることにしました。

ブログを書いて、一日を振り返り、一週間たまると一週間を振り返り、一か月…と振り返れるので、日々を大切にできそうだなと今からワクワクしています。

はい!ここに、日々を大切に生きようキャンペーンを実施しようと思います。

 

それでは、早速、今日の出来事について。
今日は、歯医者に行ってきました。というのも、歯がね…かけてしまったんです…。がーん。

みなさんは、歯がかけたことがありますか?

私は初めて歯がかけたのは、25歳の頃でした。
普通にミートソースを食べていたら、ガリっと、硬い物を噛んだような音がして、肉に骨が入ってたのかなぁと恐る恐る口から取り出すと、なんと、歯でした…。

それが、今回は5回目の経験です。ちーん。

え?歯が欠けるって、70歳ぐらいから始まるんじゃないの?と思っていたのですが、25歳って…。
お肌だけじゃなく、歯の曲がり角もくる年齢なんですかね?しっかり食べているつもりなのですが、栄養が足りていないんですかね?カルシウム?

で、今回は朝食にグラノーラを食べていた時に、なんか、硬いなぁと思ったら、またまた同じ歯でした。

この歯は私の思い出の歯で、私の初めてかけた歯。笑
いや、でも思い出というか因縁というか、歯を治療して、その一週間後にまた欠けて、そして、数年後の再会…。
会いたくなかったよー!…。

というわけで、はぁと溜息をつきながら、今日は歯医者に行ってまいりました。
どうやら、歯根から取り換えなくちゃいけないぐらいに欠けてしまいました。かなりの出費に、はぁと溜息が出てしまう今日という一日でした。

あ、でも歯医者さんはおしゃべりが楽しくて、いい人そうでした。それだけでも、いいことありました。

では、長々と拝読ありがとうございました。よければ、またのぞいてください!